人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

ネイルケア

最近ネイル業界でも台頭の著しい技法としてジェルネイルが注目されています。爪の装飾としての人気は今の所高まる一方。特に若い世代を中心に広まっています。
では肝心の爪の方の手入れはどうなのでしょうか。

これはネイルケア――Nail care――が主に使われている言葉ですが、これは和製英語です。
欧米――つまり英語のネイティブではマニキュア――Manicure――を使います。





指先は骨がなく、代わりに爪が存在します。爪は皮膚の硬化した器官です。たんぱく質の一種であるケラチンで出来ています。ケラチンは骨格細胞を構成するものです。
水分の含有量で硬度が決まります。手入れをする前に入浴するか、手足を湯に浸しておくと爪が柔らかくなり、手入れしやすくなります。
ネイルケアは爪を適度な長さに切り、爪先をやすりで整えるのが一般的な方法です。
爪は幾層かに分かれる構造をしています。爪切りはこの層に圧力をかけ、搾るようにして断裂を生んで切り取ります。そのためそのままでは痛みやすいのです。爪の油分、水分を守るために、保湿成分のあるハンドクリームを使うことも効果があります。
爪は季節や健康、体質や環境、年齢そしてストレスなどに影響を受けます。指先には毛細血管の最末端が集中しているところでもあります。ですので、指先に対してマッサージを行うなども有効です。ただ、薬指は交感神経を刺激します。リラックス効果をえたいときは避けたほうが良いでしょう。
ネイルサロンの本格お手入れが、 おうちで簡単にできちゃう「ネイルケア」セット
posted by 美容の細道 ダイエット エステ ブライダル 記録の細道 at 14:06 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェルネイルとマニキュア

ジェルネイルとマニキュア
美容の法則 《 ダイエット エステ ブライダル 》

ここ2,3年で急速に広まっているジェルネイル。若い世代を中心に普及しているネイルアートの一種です。今でもネイルアートの主流はマニキュアですが、そのマニキュアとジェルネイルを軽く比較してみました。
マニキュアとの違いは、先ず「もち」の長さがあります。
マニキュアが持っても1週間程度で、その間に先端などがはげてしまうことが良くあります。ストーンなどをつけても、接着剤とトップコートのみのコーティングです。取れやすさは否めません。
ジェルネイルは個人差がありますが、だいたい3週間から4週間そのままです。施したアートごとジェルでコーティングするのでストーンなども落ちにくく、折れにくいのです。
次がメンテナンスです。
マニキュアは落とすのが容易です。市販のものを使用できますから、自分で落としたいときに落とせますし、デザインを変えたいときに変えられます。ただ、頻繁な付け替えは爪を痛めます。基本的にマニキュアは爪の保護としても有益です。
ジェルネイルは長持ちする分、デザインが固定されてしまいます。メンテナンスや落とすのが個人では難しい面があります。無理にやれば爪を痛めかねません。ある程度は専門知識がないと危険なのです。そして定期的なメンテナンスが必要です。ジェルによってはトップコートを塗りなおさねばならなかったりします。どれもネイルサロンに行く事が必要です。
また浮き出すと、水分が入り、カビが生えてくる危険性もあります。
posted by 美容の細道 ダイエット エステ ブライダル 記録の細道 at 11:28 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイルアート

ネイルアート
美容の法則 ダイエット エステ ブライダル

000000126.jpg


ネイルアートとしてジェルネイルが台頭してきました。
手足の爪を装飾する技術をネイルアートと呼びます。紀元前3,000〜4,000年前のエジプト文明にあったと言われます。ミイラでそれを確認できます。中国でも楊貴妃が爪を染色したと伝えられています。
唐の時代ですから、西暦で750年代の話です。平安期には日本にも伝来し、花の汁を爪につけていたと言います。その原料になったのはホウセンカやベニバナでした。
江戸時代には爪紅と言い、遊女が使っていたと言います。
現在のネイルアートの広まりは18世紀のヨーロッパと言われています。マニュキュアの開発が19世紀アメリカで行われた。ネイルアートの代名詞としてのマニキュアの存在は今も健在です。
人工爪を使った爪の装飾技術は20世紀後半にうまれたばかりです。発祥はアメリカで、日本に定着したのは、1990年代の後半です。
ジェルネイルの到来は2006年ごろから急速に広まりました。これは世界的な動きの一つです。他に爪に印刷する技術も開発されています。
2003年にはその印刷機も発売されています。アジアではネイルアートプリンタが設置されている地域があります。
足の爪に対するマニキュアはペディキュアといいます。爪だけでなく、足そのものの見た目をよくすることもさします。
ネイルアートを行う美容職業としてネイリスト、店舗をネイルサロンと呼び、徐々に増えつつあります。ファッション誌では度々特集も組まれ、美容の一分野としての地位を確立しています。その中でジェルネイルの存在も大きくなっています。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 美容の細道 ダイエット エステ ブライダル 記録の細道 at 09:02 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェルネイルの基礎知識

ダイエット エステ ブライダル
ジェルネイルの基礎知識


ジェルと呼ばれる水飴上の液体を使って装飾付け爪をする技法、ジェルネイル。ネイル業界でも話題沸騰中のようです。
ジェルは紫外線を当てることによって固まります。そのため用途は様々です。ですからどんなことをしたいのか、をはっきりさせましょう。ジェルは種類が多様で、そのそれぞれに特性があります。粘土、色、内包物のある・なし、サイズ(容器)等々。グリッターを混ぜるなどして、オリジナルのジェルを作ることも可能です。目的にあわせたものを選ばなければなりません。どんなネイルを作るかを先ずよく考えましょう。

利点は
1.紫外線を使って固めるので、紫外線で黄ばみません。いつまでも作ってそのままのネイルです。
2.自爪に乗せて作るので、密着が良い出来となります。爪を痛めません。
3.ジェルそのものがネイルとなるので、透明度が段違いです。気泡も入りにくいつくりです。
4.臭いがないので、快適です。

難点は
1.ジェルの特性である水飴状のため、扱いにくさが付きまといます。
2.紫外線を当てるとき硬化熱が出るので、熱さを感じてしまいます。
3.紫外線照射時間が絶妙さを要求します。

さて、ここで気になるのがジェルを固める紫外線についてです。地上に降りてくる紫外線にはA波とB波があり、日焼け対象となる主な紫外線はB波です。ジェルネイル照射に使われるのはA波と呼ばれるものです。このため、色が変るほどの変化はありません。

初心者でも扱いやすいものではありますが、なにぶんにもコツがいります。それを掴むことも含めて楽しみましょう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 美容の細道 ダイエット エステ ブライダル 記録の細道 at 10:08 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
デンマークの子供たちはみんな知ってる幸せを運ぶ妖精ピクシー。
21人揃って日本へやってきました。
デンマークの幸せを運ぶ妖精ピクシー
byキロクの細道.com
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。