人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

依存症と否認

依存症と否認
美容の細道 ダイエット エステ ブライダル

依存症がよくわかる本―家族はどうすればよいか?

依存症がよくわかる本―家族はどうすればよいか?

  • 作者: 榎本 稔
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/02/01
  • メディア: 単行本



依存症とは、「ある行為をやめようとしてやめられないくらいのめり込んでいる」状態です。
依存する対象のものへの執着が強いため、日常生活にも支障をきたします。
身体面や精神面に依存による悪影響が起こっても、依存症は治療していかない限り良くなりません。
依存症の患者は、依存している事によって起こる問題点を否認して依存行為をしているといえます。
そのため、依存症は「否認の病」とも呼ばれています。
「比較的害の少ないマリファナならやっても問題ないだろう」(薬物依存症)、「自分は今まで身体をこわした事がないから、多少お酒を飲みすぎてもいいだろう」(アルコール依存症)、「借金して買い物しても少しの額ならすぐ返せるだろう」(買い物依存症)など、依存する事によって起こる問題点を自分なら大丈夫と否認するわけです。
こうして依存がどんどんエスカレートしていってしまいます。
また、依存により人間関係などの日常生活にも影響が出てきますが、これを依存の対象となったもののせいにして自分の依存行為をよるものだという事を否認する場合もあります。
「薬をやめさえすれば問題はなくなる」(薬物依存症)、「お酒さえやめれば普通どおりの生活に戻れる」(アルコール依存症)など、依存の対象を否認します。
「お酒の量が減ってきたから大丈夫」「お酒を飲まなければいい人なのに」(アルコール依存症)など、家族や恋人などの周囲の人が否認行為をする場合もあります。
否認は依存する言いわけとして行われています。
「世の中がつまらないから依存してもいい」「自分はとてもかわいそうだから依存してもいい」「依存行為が落ち着くから依存してもいい」「人間は誰だって死ぬのだから依存してもいい」というような言いわけに使われます。
posted by 美容の細道 ダイエット エステ ブライダル 記録の細道 at 22:05 | Comment(0) | 依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

デンマークの子供たちはみんな知ってる幸せを運ぶ妖精ピクシー。
21人揃って日本へやってきました。
デンマークの幸せを運ぶ妖精ピクシー
byキロクの細道.com
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。